このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクから格安SIMへMNP

格安スマホ/格安SIM TOP ≫  格安SIMへのMNP ≫  ソフトバンクから格安SIMへMNP



ここでは、ソフトバンクから格安SIMにMNPする方法やポイントについて解説します。

ソフトバンクから格安SIMへ!MNPの流れ

①MNP番号取得
まず、現在契約中のソフトバンクでMNP予約番号を発行します。これは、同じ電話番号で新しい通信会社と契約するために必ず必要なものになります。

発行のする方法は下記の3つのうちのどれかになります。(どの取得方法でも可)

ウェブで発行(9:00~21:30)
電話で発行(9:00~20:00)
ソフトバンクショップで発行(営業時間内)

②MNP先に申込む
MNP先となるMVNO(格安SIM会社)で、申込みをします。
この時、必ずMNPで申込みをします。新規で申込むと、新しい番号が発行され、MNP元の解約手続きもされません。

③SIMカード(+端末)の到着を待つ
ここでひとつ注意が必要です。
申込むとMVNO(格安SIM会社)によっては、電話が使えなくなる場合があります。

どういうことかと言うと、MNPの申込み後、MVNO側で回線切り替えを行ってから発送となる場合です。
この時、回線が切り替えられてから手元にSIMカードが届くまでの間、電話が使えません。

最近では、新しいSIMカード(+端末)が手元に届いてから自分で回線を切り替えられるサービスに対応したMVNOがありますので、Webからの申込であればそちらがおすすめです。

■即日MNPができる格安SIM

格安SIM会社 即日MNP
U-mobile 即日MNP対応 公式サイト
OCNモバイルONE 即日MNP対応 公式サイト
mineo 即日MNP対応 公式サイト
IIJ mio 即日MNP対応 公式サイト
DMM mobile 即日MNP対応 公式サイト


③手元にSIMカード(+端末)が届く
契約後、数日でMVNO(格安SIM会社)のSIMカードが届きます。
端末セットで申し込んだ場合は、新しい端末も一緒に届きます。

④設定を終えればMNP完了
新しいSIMカード(+端末)が届いたら初期設定をしてMNPを完了させます。

自分で回線を切り替えるタイプは切り替え作業が必要です。

ソフトバンクから格安SIMへ!MNPの費用

MNPで必ずかかる費用は
・MNP転出料金:2,160円
・新規事務手数料:3,240円

ソフトバンクの契約状況によってかかる費用
・解除料
・端末の割賦残金

ソフトバンクから格安SIMへ!端末について

ソフトバンクから格安SIMにMNPする場合、使う端末によって選べるMVNO(格安SIM会社)が異なります。

■今の端末を使い続ける
ソフトバンクの機種では、SIMロック解除をしたiPhone6sもしくはiPhone6s plusで格安SIMに乗換える事が可能です。
注意点は、必ずSIMロック解除をしてあるものでないといけません。

■セット端末を買う
【選べる格安SIM】
ドコモの回線またはauの回線を使う格安SIM、またはY!mobile

■SIMフリー端末を買う
【選べる格安SIM】
ドコモの回線またはauの回線を使う格安SIM
※auの回線を使いたい場合は、端末の対応状況に注意

■中古端末を買う
【選べる格安SIM】
ドコモの回線またはauの回線を使う格安SIM
※購入する中古スマホが対応する電波のものを選ぶ

ソフトバンクから格安SIMへ!MNP先を選ぼう

使いたい端末や電波、または契約したいプランによってMNP先を選択しましょう。
ドコモ系格安SIM
au系格安SIM
Y!mobile



スポンサーリンク


ページのトップへ戻る