格安SIMは通話も格安?!最新版格安SIMの通話料事情

格安SIMの通話料金について

毎月の基本料金が安くなる格安SIMですが、その通話料は高いのか安いのか気になる方も多いと思います。
格安SIMは通話料も格安なのか?!それとも通話をたくさんする人には割高な通話料なのか?!
ドコモ・au・SoftBankのようなかけ放題のプランはあるのか?!

格安SIMで音声通話ができるようになった当初は、20円30秒の従量課金が主流でした。しかし今では、通話料までもお得に使える時代です。
ここでは、電話回線を使用した格安SIMの最新通話料事情を解説していきます。

格安SIMにも広がるかけ放題(通話定額)

現在では、格安SIMでも通話定額サービスを提供するMVNOが増えてきました。
5分かけ放題からはじまり、現在では完全かけ放題を提供するMVNOも現れました。かけ放題になる通話時間は格安SIMによって異なりますが、3大キャリアと比べて料金も格安です。

■格安SIMのかけ放題対応比較表

格安SIM 完全かけ放題 10分かけ放題 5分かけ放題 3分かけ放題
楽天モバイル 2,380円 850円
OCNモバイルONE 850円
※よくかける上位3番号
850円
U-mobile 基本料金に含まれます
Y!mobile 基本料金に含まれます
IIJmio 830円 600円
nuroモバイル 850円
mineo 850円
LINEモバイル 880円
UQ mobile 基本料金に含まれます
BIGLOBE SIM 650円

格安SIMにもかけ放題が広まったことで、通話が多い人でもスマホ代が安くなるようになりました。5分かけ放題や、10分かけ放題といった時間制限があるものは、超過時の通話料がMVNOによって異なります。(詳しくは公式サイトをご確認ください)

通話定額以外にもお得な通話方法はある?

かけ放題(通話定額)以外にも、格安SIMには通話料をお得に安くする方法があります。

無料通話オプション

格安SIMには、一定の金額を払えば、その金額以上の無料通話がついてくるオプションを提供しているMVNOがあります。そこそこの通話をするという人なら、こちらのオプションの方がかけ放題より安くなる場合があります。

専用アプリで通話料が半額

格安SIMの専用アプリで通話料を安くすることができます。その料金は何もしない場合の半額、10円/30秒です。
アプリはスマホに入っている通話アプリと同じように使うことができ、電話帳からの呼び出しなども簡単です。通話が少な目な人も、よりお得に安く電話をかけることができます。

結論!格安SIMは通話もお得になる

いかがでしたでしょうか。
格安SIMは通話料が高いという時代は、すでに過ぎ去っています。
現在の格安SIMは、通話も格安でお得にかけられる時代です。
通話料が気になっていた人も安心して格安SIMに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。