このエントリーをはてなブックマークに追加

au回線対応のおすすめ格安SIM・MVNO

格安スマホ&格安SIM情報TOP ≫  おすすめ格安SIMサービス会社・MVNO ≫  au回線対応のおすすめ格安SIM・MVNO

ドコモ回線 au回線 Y!moible Softbank

auの回線が使えるおすすめ格安SIM

au回線/auスマホ対応の格安SIMは、それほど多くありません。しかし、それぞれのMVNOが非常に魅力的な格安SIMサービスを提供しています。
auスマホを格安スマホとして使いたい、auのネットワークでスマホ代を安く利用したいという方におすすめの格安SIMをご紹介します。

mineo

MVNO事業者:株式会社ケイ・オプティコム
格安SIMブランド:mineo
取扱いSIM:音声通話SIM/データ通信専用SIM
取扱い回線:au回線/ドコモ回線
契約区分:SIMのみ/スマホセット
WEB申込み:24時間受付
公式サイト:mineo

格安SIM mineoの特徴

mineo(マイネオ)は、MVNOの株式会社ケイ・オプティコムが運営する格安SIMです。 au回線とドコモ回線が選べるマルチキャリアですが、料金はau回線の方が少しお得に利用できます。特徴的なサービスは、mineoユーザー全員とパケットのシェアができる「フリータンク」。余ったデータ量をタンクに入れたり、足りなくなった時に月に1,000MBまで引き出せたりと、mineoユーザー全員でデータをシェアできます。 また、音声通話SIMでも解約の縛りがありません。(MNP転出の場合は、転出料金がかかります) 短期間だけスマホを利用したいときにもおすすめです。
au系格安SIMではもはや定番のMVNOです。バランスのとれた料金プランで、家族割引・複数回線割引など独自の割引サービスでさらにお得に使えます。
余ったデータも家族・恋人・友人さらにはmineoユーザー全員と分けあうこともできてしまうという、とてもユニークで無駄のないサービス展開が魅力です。
今使っているauスマホでMNPする場合も、自宅に新しいSIMが届いてから回線を切り替える即日MNPに対応しているので安心。
au 4G LTEとVoLTEにも対応しています。

さらにmineoには、子供のスマホ利用を安全にサポートする「ジュニアパック」と言うサービスがあります。
セキュリティ面や有害サイトなど、心配な事が多いお子様のスマホ利用をサポートしてくれます。
セキュリティ・フィルタリング・その他学習アプリなど、11個のアプリが月額200円で使い放題。家族で格安SIM利用を検討している場合、心強いサービスとなります。
ただし、mineoのジュニアパックが利用できるのは、Android4.0以上のスマホのみです。iPhoneでは利用できません。

mineo 料金プラン一例

最安値プラン料金

音声通話SIM 500MB:1,310円
その他のプラン:1GB/3GB/5GB/10GB/20GB/30GB
データ通信専用SIM 500MB:700円
その他のプラン:1GB/3GB/5GB/10GB/20GB/30GB
mineo 公式サイト

UQmobile

MVNO事業者:UQコミュニケーションズ株式会社
格安SIMブランド:UQmobile
取扱いSIM:音声通話SIM/データ通信専用SIM
取扱い回線:au回線
契約区分:SIMのみ/スマホセット
WEB申込み:24時間受付
公式サイト:UQmobile

格安SIM UQ mobileの特徴

UQ mobile(ユーキューモバイル)は、UQWiMAXを運営しているUQコミュニケーションズ株式会社の格安SIMブランドです。auのサブブランド的な立ち位置で、格安SIMの中では通信速度に定評があります。
UQ mobileは、通信の安定性に定評があります。現在のauスマホを格安スマホとして利用したい場合の料金プランは2種類とシンプルで、3GBの高速通信プランか500kbpsの中速使い放題プランが選べます。
2016年7月15日よりiPhone5sの取り扱いを開始。au版iPhone5sは、格安SIMで音声通話しか使えないという弱点がありましたが、UQ mobileのセット販売で購入すればiPhone5sをau系格安SIMで利用することが可能です。
au系の格安SIMで4インチのiPhone5sを使いたい方は、UQ mobileのセットがおすすめです。UQ mobileも即日MNPに対応しているので、スマホが使えない期間がありません。こちらもau 4G LTEとVoLTEに対応しています。
また、UQコミュニケーションズに合流後、積極的なサービスの改善を行い端末ラインナップも充実、学割やスマホセットでお得な料金プランも次々と展開しています。
3大キャリアとくらべても遜色のない格安SIMサービスと言えます。特にセット端末としてiPhoneの取り扱いを始めたことで、人気が一気に加速しました。
その後、更にiPhone SEや人気のAndroidスマホも続々と追加し、端末のラインナップはau系格安SIMの中でかなりの豊富さを誇ります。

UQmobileの弱点は、20GBや30GBといった大容量プランや使い放題のプランがないところです。
データ通信ヘビーユーザーには、大容量プランのあるmineoの方が使い勝手がいい場合があります。

UQ mobile 料金プラン一例

最安値プラン料金

音声通話SIM 1GB:1,980円
その他のプラン:3GB/7GB
データ通信専用SIM 3GB:980円
その他のプラン:データ無制限(通信速度500kbps)
UQ mobile 公式サイト

IIJ mio(みおふぉん)

MVNO事業者:株式会社インターネットイニシアティブ
格安SIMブランド:IIJ mio(みおふぉん)
取扱いSIM:音声通話SIM/SMS対応SIM/データ通信専用SIM
取扱い回線:au回線/ドコモ回線
契約区分:SIMのみ/スマホセット
WEB申込み:24時間受付
公式サイト:IIJ mio(みおふぉん)

格安SIM IIJ mio(みおふぉん)の特徴

IIJmio(みおふぉん)は、MVNEの株式会社インターネットイニシアティブが提供する格安SIMサービスです。契約できる回線は、au回線とドコモ回線のマルチキャリア。
IIJmio(みおふぉん)は、家族利用に力をいれています。全プランが複数のSIMカードでのデータシェアに対応し、最大10枚のSIMでシェアグループを組むことができます。基本のデータ通信量にプラスして使える、大容量オプションも加わり、ますます使い勝手が向上しています。
また、音声通話SIMでのかけ放題オプションは、家族間の通話が最大30分まで何回でも無料となります。
IIJmioで惜しいのは、mineoやUQmobileと異なり、VoLTE対応SIMしか取り扱いがない点です。そのため、VoLTE非対応のau機種ではIIJのSIMを利用することができません。
現時点でauのVoLTE非対応スマホを利用している場合は、SIMのみIIJのものに差し替えて使うということができません。

IIJ mio(みおふぉん) 料金プラン一例

最安値プラン料金

音声通話SIM 3GB:1,600円
その他のプラン:6GB/10GB
SMS対応SIM 3GB:900円
その他のプラン:6GB/10GB
IIJmio 公式サイト


スポンサーリンク


ページのトップへ戻る