格安SIMも支払い方法をチェック!クレジットカード以外も選べる時代に

格安SIMを契約する時に、様々な支払い方法を選べる時代になりました。
クレジットカード払いが当たり前でしたが、今では口座振替などその他の支払い方法でも格安SIMを契約できるようになりました。

ここでは主な格安SIMの支払い方法と、支払い方法ごとにおすすめ格安SIMをご紹介します。

格安SIMの主な支払い方法

今回ご紹介する格安SIMの主な支払い方法は次の4つです。

  • クレジットカード払い
  • デビットカード払い
  • 口座振替
  • LINE Payカード払い(実質コンビニ払い)

いかがでしょうか。クレジットカード以外にも3つの選択肢があります。
それでは、それぞれの特徴を簡単にご紹介いたします。

クレジットカード払い

最もスタンダードな支払い方法で、基本的にクレジットカード払いで契約できない格安SIMはありません。また、毎月の料金支払いでポイントが貯まるなど、クレジットカードの特典を受けることができます。

デビットカード払い

審査なしで発行可能。銀行口座の残高に連動しているので、使いすぎの心配も少ないカードです。VISAやJCBなどのブランドがついているので、普段の買い物などでクレジットカードのようにキャッシュレスで使うこともできます。
格安SIMの支払いに使う場合は、対応するMVNOや使えるデビットカードに制限があります。

口座振替

銀行口座から直接毎月の料金が引き落とされます。銀行引落は、他の支払い方法よりも馴染みがあって、なんだか安心と言う人も多いのではないでしょうか。
格安SIMを口座振替で契約する場合は、対応するMVNOや契約できるSIMに限りがあります。

LINE Payカード払い

LINE Payカードはプリペイド式のカードで、審査や年会費などがありません。チャージは銀行口座か、コンビニのレジで行うことができます。
LINE Payカード払いで契約できるのは、今のところ1社しかありません。

以上、ここまで格安SIMの支払い方法4つをご紹介しました。
それでは、次にクレジットカードの支払い方法に対応した格安SIMを見てみましょう。

デビットカード・口座振替・LINE Payカードで契約できる格安SIMは?

クレジットカードがあれば、ほぼどのMVNOでも契約ができます
それでは、クレジットカード以外の支払い方法で契約できる格安SIMは一体どこなのか、また、その際に条件などがあるのか。様々な理由から、クレジットカードは持ちたくない(持てない)人も契約できる格安SIMをまとめてみました。

クレジットカード以外の支払い方法で契約する場合は、基本的に端末セットではなく、SIMカードのみの契約が前提となります。また、MVNOによってはSIMカードの種類に制限がある場合があります。

口座振替対応の格安SIM

口座振替対応のおすすめ格安SIMは4社です。

楽天モバイル
音声通話SIM 口座振替可能
SMS対応SIM 口座振替可能
データ専用SIM 口座振替可能
スマホセット 不可
OCNモバイルONE
音声通話SIM 口座振替可能
SMS対応SIM 口座振替可能
データ専用SIM 口座振替可能
BIGLOBEモバイル
音声通話SIM 不可
データ専用SIM 口座振替可能
UQmobile
音声通話SIM 口座振替可能
データ専用SIM 口座振替可能

デビットカード払い対応の格安SIM

デビットカード払い対応の格安SIMは1社です。

楽天モバイル
音声通話SIM デビットカード払い可能
SMS対応SIM デビットカード払い可能
データ専用SIM デビットカード払い可能
スマホセット スマホ一括時のみ可能

LINE Payカード払い

LINE Payカード払い対応の格安SIMは1社です。

LINEモバイル
音声通話SIM LINE Payカード払い可能
SMS対応SIM LINE Payカード払い可能
データ専用SIM LINE Payカード払い可能

格安SIM 支払い方法まとめ

格安SIMの支払い方法をご紹介しましたが、ぴったりの支払い方法は見つかったでしょうか。
おさらいですが、格安SIMの主な支払い方法は、クレジットカード払い、口座振替、デビットカード払い、LINE Payカード払いの4つです。

支払い方法によって、選べる格安SIMは限られますが、それでも毎月のスマホ代を安く利用できるメリットは十分にあることでしょう。