【SIMフリー比較】AQUOS sense3 とAQUOS R3比較!スペックやカメラ性能は?

格安スマホ・SIMフリー

SHARPの2019年-2020年、冬モデルAQUOS sense3(アクオスセンス3)。複数のMVNOからも発売されていて、この冬注目モデルのひとつです。SHARPには、senseシリーズと並んで、もう1つの人気シリーズがあります。ハイスペックなフラグシップモデル「Rシリーズ」です。こちらは、3大キャリア向けのモデルでRシリーズも3代目となる「AQUOS R3(アクオスアール3)」が、今年発売されています。

今回は、冬モデル注目のAQUOS sense3と、フラグシップモデルAQUOS R3のスペックやカメラ性能を比較してみましょう。

AQUOS sense 3、AQUOS R 3比較表

まずはひと目で分かるように、2機種のスペックを横並びで比較表にしてみましょう。

AQUOS sense 3 Xperia Ace
発売年月 2019年11月 2019年6月
CPU Qualcomm Snapdragon 630 mobile platform
2.2GHz+1.8GHz オクタコア
Qualcomm Snapdragon 855 mobile platform
2.8GHz+1.7GHz オクタコア
OS Android 9 Android 9
RAM 4GB 6GB
ROM 64GB 128GB
外部メモリ microSDXC:最大512GB microSDXC:最大512GB
SIMカードサイズ nanoSIM nanoSIM
ディスプレイ IGZOディスプレイ Pro IGZOディスプレイ
ディスプレイサイズ 約5.5インチ 約6.2インチ
メインカメラ画素数 標準カメラ:約1,200万画素
広角カメラ:約1,200万画素
標準カメラ:約1,220万画素
広角カメラ:約2,010万画素
メインカメラF値 標準カメラ:2.0
広角カメラ:2.2
標準カメラ:1.7
広角カメラ:2.4
サブ(内面)カメラ画素数 約800万画素 約1,630万画素
サブ(内面)カメラF値 2.2 2.0
おサイフケータイ 対応 対応
防水 IPX5/IPX8 IPX5/IPX8
防塵 IP6X IP6X
指紋認証 対応 対応
顔認証 対応 対応
フルセグ 対応
ワンセグ 対応
バッテリー容量 4,000mAh 3,200mAh
本体サイズ 約147×約70×約8.9mm 約156×約74×約8.9mm
本体質量 約167g 約185g
端子 USB Type−C USB Type−C
ワイヤレス充電 Qi対応

スペック・機能でAQUOS R3が圧倒。普段づかいならAQUOS sense3も十分

やはり、フラグシップモデルのAQUOS R3の完成度は高いといえます。CPUやRAM、カメラ性能の数値をみても、AQUOS sense3よりも高性能なのが一目瞭然でわかり、フルセグ・ワンセグ・Qi(ワイヤレス充電)と、R3だけの機能も備えています。

スペックではAQUOS R3にかなわないAQUOS sense3ですが、AQUOS sense3を選ぶメリットもあります。ハイスペックや多機能を求めずに、コンパクトさと電池もちならAQUOS sense3に分があります。AQUOS sense3はAQUOS史上最大容量の4,000mAhのバッテリーで、最大1週間の電池もちを実現しています。

取り扱いMVNOと販売価格まとめ

最後に、AQUOS sense 3を販売しているMVNOや事業者の格安SIMとのセット販売状況、docomo・SoftbankのAQUOS R3の販売価格をまとめてみます。

MVNO、格安SIM事業者 AQUOS sense 3 AQUOS R3
OCNモバイルONE 一括:14,800円
IIJmio 一括:29,800円
24回分割:1,250円/月
mineo 一括:36,000円
24回分割:1,500円/月
イオンモバイル 一括:34,800円
24回分割:1,450円/月
NifMo 一括:35,000円
24回分割:1,455円/月
LINEモバイル 一括:35,800円
24回分割:1,590円/月
UQmobile 一括:23,760円
24回分割:990円
36回分割:660円

 

PAGE TOP