このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのスマホ代を安くします!比較検討ができるおすすめ格安SIM情報サイト

毎月のスマホ代を安くする有効な手段として、利用者が急増している格安SIM。
サービス開始当初は、データ通信専用の安いSIMとして一部のユーザーが活用していましたが、現在では通話も含めてスマホ代が安くなると主婦や学生にまで広がってきました。
毎月の料金の安さが格安SIMの最大の魅力。気にはなっているけど、よくわからないからとあきらめて高いスマホを毎月使い続けていませんか。
安さだけじゃない格安SIMの魅力や、デメリットや注意点もしっかり理解すれば、決して怖いものではありません。

格安SIMや格安スマホってそもそもなに?

格安SIMとは、スマートフォンの毎月の通信料金を安くすることができるSIMカードのことです。または、そのSIMカードを提供する通信会社をさす場合もあります。
格安スマホとは、スマートフォン本体の価格が安いスマホ、もしくは格安SIMとセットで運用しているスマホのことです。『毎月の通信料が安く使えるスマートフォン』と言う意味で使われることが一般的です。
■もう少し詳しく知りたい方はこちら

格安SIMとは 格安スマホとは

失敗しない格安SIMを選ぶ


シムスマ更新情報

2017-9-21
通話定額(かけ放題)対応格安SIMを更新しました
2017-9-18
月間7GBが使えるおすすめ格安SIMを更新しました
2017-9-18
月間6GBが使えるおすすめ格安SIMを更新しました
2017-9-18
月間5GBが使えるおすすめ格安SIMを更新しました
2017-9-10
ドコモのiPhone7 Plusで使える格安SIMを公開しました
2017-9-10
ドコモのiPhone7で使える格安SIMを公開しました
2017-9-10
ドコモのiPhone6s Plusで使える格安SIMを公開しました
2017-9-10
ドコモのiPhone6sで使える格安SIMを公開しました
2017-9-9
新しい通話定額(かけ放題)のカタチ?!OCNモバイルONEのかけ放題オプションを公開しました
2017-9-8
ドコモのXperia XZ Premiumで使える格安SIMを公開しました
2017-9-8
ドコモのXperia Z5 Compactで使える格安SIMを公開しました
2017-9-7
2017年9月版|格安SIM・格安スマホキャンペーンを更新しました
2017-9-2
格安スマホ「月額1,980円」比較!Y!mobile・UQmobile・楽天モバイルを公開しました
2017-9-2
2017年9月版|格安SIM・格安スマホキャンペーンを更新しました
2017-9-1
Xperia Z5 Premiumで使える格安SIMを公開しました
2017-8-28
速度制限って何?YouTube動画が見放題になる格安SIM4選+1を公開しました
2017-8-27
2017年9月版|格安SIM・格安スマホキャンペーンを公開しました
2017-8-26
月間4GBが使えるおすすめ格安SIMを更新しました
2017-8-20
月間3GBが使えるおすすめ格安SIMを更新しました

過去の更新情報


格安SIMには様々な料金プランやサービスがあります。
選ぶのが大変と思われがちですが、ポイントをおさえれば、自分にピッタリの格安SIMが見つかります。選択肢が多く、自分で選ぶ楽しみがあります

格安SIM選びの3つのポイント

ポイント1.格安SIMの料金を比較して選ぶ

格安SIMは3大キャリアに比べて多種多様なプランがあります。毎月のデータ通信量も少ないものから定額使い放題まであり、利用状況に合わせた選択ができます。

ポイント2.使いたいスマホで選ぶ

格安SIMは、ドコモやauなど3大キャリアから発売されているスマホ以外にも、人気のSIMフリースマホも使えます。今使っているスマホを使いながら料金をお得にしたり、自分の好きなSIMフリースマホなどが使えるのも人気の要因です。

ポイント3.使いたい回線で選ぶ

格安SIMで利用する電波は、ドコモ・au・Softbank・Y!mobileといった、すでに整備されている電波を使います。住んでいるところや、よく行く場所で電波のいい会社を選ぶのがおすすめです。
※ただし、Softbankの電波を使う格安SIMは、データ通信専用のものになります。

格安SIM比較詳細

格安SIM・格安スマホが選ばれている理由

ドコモ・au・ソフトバンクなど、大手キャリアと比較して、月々のスマホ代が数千円単位で安くすることが可能と言われている格安SIMと格安スマホ。
高いと言われる日本の通信業界で、毎月の通信料金を安く押さえる手段としてスマホユーザーから関心と注目を浴びているサービスです。
自社でアンテナを新設する必要がなく、その分の設備投資を手間やコストをカット。またショップの全国展開などをしていないため人件費も大手に比べて大幅に抑えられます。
そのため、ユーザーに格安でサービス提供ができるのです。
毎月のスマホ代を今より安くしたいと考えている人にピッタリです。
毎月の固定支出と化した通信料金を安くすることで、家計の無駄を減らし趣味などに使えるお金も増えるのです。

格安SIMはエリアも安心

MVNOと呼ばれる格安通信サービス提供会社が、ドコモやauと言った大手通信キャリアの電波を利用して格安スマホ・格安SIMと言ったサービスを展開しています。
いくら料金が安くても、エリアの狭いスマホは使いたくないですよね。いつもと変わらないエリアで使えるからこそ、料金的なメリットがあります。
高速通信のLTEにもしっかりと対応しています。

格安スマホは端末もお手頃

通信料金だけでなく、スマホ本体の価格もお手軽なのも格安スマホの特徴のひとつです。
少し前は、スマホ本体が格安のため、性能や機能が絞られ、安い代わりに使いにくい機種がラインナップされていました。
しかし、現在では、性能も普段使いには十分な機種が増えたことで、『安かろう悪かろう』ではなくなったのです。
国内メーカーから海外メーカーまで幅広く端末を選べます。
また、ドコモかauを使っている人なら、今の端末を新しく買い換えることなく、料金だけを安くすることもできます。

格安SIM&格安スマホの進化

格安SIMは、サービス開始当初はデータ通信専門のサービスでした。
そのため、音声通話を必要としないタブレットなどで使われることがメインとされてきました。
その後、090/080/070といった電話番号での通話が可能となり、MNPにも対応したことから一気にスマホでの利用も普及したのです。
更に、音声通話はかけ放題にも対応し、ますます便利になりました。

また、格安スマホ本体の性能も大きく向上しました。
格安スマホは、ドコモやauから発売される機種に比べて性能が低く使いにくいと言うイメージがありましたが、ASUSやHUAWEIと言った海外メーカーが安くても高品質な端末を投入。その後、ソニー、富士通、SHARPと言った国内メーカーも格安スマホの開発と発売に参入し、今ではおサイフケータイなど日本独自機能を搭載した機種も発売されています。
端末ラインナップも大手キャリアと比較しても見劣りしないものとなり ました。

格安スマホを選ばない理由

関心度の高い格安スマホ・格安SIMも、実際に契約には
至らないケースもあります。
大きく分けると2パターン。

①携帯の使い方が、格安スマホや格安SIMよりも大手キャリアのプランに向いている人
②興味はあるものの格安スマホや格安SIMがよくわからなくて、なんとなく大手キャリアを契約している人

①のパターンは、数は多くありませんが当てはまる人はいます。キャリア独自のサービスをどうしても使いたい人や、キャリアメールが必要な人です。

一方で、多くの人が当てはまるのが②のパターンです。これは非常にもったいないパターンで、格安スマホや格安SIMにすることで、今と同じ使い方で料金が安くなるメリットを無駄にしてしまっています。
実際に今使っているデータ量などをきちんと確認して、MVNOが提供しているプランに当てはめてみると、年間でかなりの節約ができることに気付くでしょう。
興味がある人は、格安スマホや格安SIMのサービス内容だけでなく、現在の自分の使い方を改めて見直してみることが大事です。

格安スマホ・格安SIM選びに役立つ記事はこちら



スポンサーリンク

スポンサーリンク


ページのトップへ戻る