このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMはいいことだけなの?メリット・デメリットなど

格安スマホ&格安SIM情報TOP ≫  格安SIMはいいことだけなの?メリット・デメリットなど


わかれば簡単!使ってお得な格安SIM

大手の通信網が使えてスマホ代が安くなる

格安SIMとは、ざっくり言うとドコモやauの通信網を利用しながら、毎月の基本料金が大幅に安くなる通信サービスです。(もしくは、その様なサービスで使うSIM本体のことをさします)
通信網はドコモやauなのですが、ユーザーにサービスを提供するのはMVNO(仮想通信事業者)と言われる会社です。
MVNOはドコモやauといった大手通信キャリアから回線の一部を卸してもらいサービスを提供します。
具体的には、ドコモの電波を利用する格安SIM(MVNO)とauの電波を利用する格安SIM(MVNO)が主流です。
2016年には、ソフトバンクの電波を使う格安SIMサービスも発表されました。
ドコモ・au・ソフトバンクといった、すでにエリアが整備された電波を利用するので、使えるエリアが極端に狭いといった心配もありません。
格安SIM・格安スマホは、ドコモ、au、ソフトバンクの通信会社を使っていて、「料金が高い」「もっと安くならないかな」と感じているあなたにおすすめです。
よくわからないからと、毎月数千円も高く通信料を払っているかもしれません。

格安SIMのメリット

格安SIMにすることで、得られるメリットは主に下記のようなことがあげられます。

格安SIMのメリット|スマホの料金が安くなる

携帯料金の総額は、データ通信量だけでなく通話をする量なども関係してくるため、いくら安くなるという明確な金額は算出しにくいものです。
しかし、基本料金からおおよその料金予測はたてられます。

例えば、大手キャリアと代表的なMVNOのデータ量5GBのプランで比べてみましょう。

・大手三社(ドコモ・au・ソフトバンク)の料金

月額料金:8,000円
(2,700円+300円+5,000円)
通話料金:国内通話料無料(かけ放題)

月額料金:7,000円
(1,700円+300円+5,000円)
通話料金:1回5分以内の通話が何回でも無料(5分を超過した場合は、20円/30秒)

楽天モバイル
月額料金:3,000円
通話料金:1回5分以内の通話が何回でも無料(5分を超過した場合は、10円/30秒)

U-mobile
月額料金:1,980円
通話料金:10円/30秒(通話料金半額アプリU-CALL利用時)

NifMo
月額料金:3,600円
通話料金:国内通話料無料(かけ放題)

おすすめの格安SIM

格安SIMのメリット|今のスマホで使える

格安SIMはSIMフリーの格安スマホじゃないと利用できないのかというと、そうではありません。
ドコモ系格安SIM(MVNO)ならドコモの機種に、au系格安SIMならauの機種に対応していて、今使っているスマホでそのまま格安SIMを利用することが可能です。
※あまりにも古い機種になると、動作確認がとれていない場合もありますので、申し込む際には必ず確認を行いましょう。

格安SIMのメリット|契約期間の縛りが短い

国内の大手通信キャリアは、2年間契約の自動更新と言うスタイルが定着していますが、格安SIMはそうではありません。
解除料のかかる最低利用期間は、一部24か月の契約を条件とするプランもありますが、ほとんどの格安SIMが最低利用期間なし~12か月としています。

また最低利用期間を過ぎれば、解除料なしでいつでも好きなときに解約できる格安SIMがほとんどです。

海外からの一時帰国など短期間しか利用しない場合や、半年~1年くらいでこまめに通信会社を見直したい人にもむいていると言えます。

格安SIM(MVNO)各社の契約期間・解除料金のまとめ

格安SIMのメリット|選べるプランの幅が広い

格安SIMは、MVNO毎に提供するサービスやプランが異なるので、自分にあった格安SIMを選びやすいというメリットがあります。
データ通信をあまり利用しないなら、低速通信使い放題プランや500MBプラン、1GBプランなどライトユーザー向けのプランで毎月の支払いをより安く抑えることができます。
逆に、データ通信をたっぷり使いたいヘビーユーザーには、10GBプランや高速通信定額使い放題のプランがおすすめです。
通話についても、少し使うだけなら無料アプリで通話料金を半額にしたり、そこそこ通話をするなら1回5分の通話が何回でも無料のオプションをつけたりと、使い方に合わせたプランの組み合わせができます。

格安SIMのメリット|使い方に合わせてSIMが選べる

格安SIMには、音声通話SIMだけではなくデータ通信専用SIMやSMS対応SIMがあります。
通話を必要としないモバイルルーターや、タブレット、2台目のスマホなど端末に合わせてSIMを選ぶことで、お得にモバイル通信を行うことができます。

格安SIMのデメリット

格安SIMにすると、デメリットが全くないわけではありません。
大手通信キャリアとは異なる点があり、人によってはデメリットに感じる場合もあります。

格安SIMのデメリット|キャリアメールが使えない

格安SIMに変えることで、docomo.ne.jpやezweb.ne.jpなどのキャリアメールと言われるものが利用できなくなります。
gmailやYahoo!メールといった無料のメールアドレスや、プロバイダーメールなどを利用することになりますね。

格安SIMのデメリット|キャリア端末でのテザリングはできない可能性も

docomoやauから発売された端末で格安SIMを使用した場合は、テザリングができない可能性があります。
各社が行っている動作確認の中で、キャリアから発売されている端末はテザリングが「×」になっていることが多いです。
(SIMフリー端末として発売されているZenFone2などは「○」だったりします。) 全ての格安SIM会社がテザリングの動作確認をしているわけではないですが、今使っている端末をそのまま格安SIMで使おうと考えている場合、テザリングができなくなる可能性があることを理解しておきましょう。

格安SIMのデメリット|キャリアショップが少ない

ドコモショップやauショップなど、大手通信キャリアは全国にキャリアショップを持っています。
格安SIM(MVNO)はと言うと、キャリアショップを持たないところがほとんどで、持っていたとしても店舗数は極端に少ないのが現状です。
その分、チャットサポートなどWeb上でのサポートに力をいれているところもありますが、対面での相談を希望する人にはデメリットであると言えるでしょう。

格安SIMのデメリット|通信速度は大手キャリアより遅い?!

格安SIMは独自の電波網を持っていません。
大手通信キャリアの電波を利用しているわけですが、すべてを自由に使えるわけではないのです。
全体の一部を利用する形になります。

そのため、利用環境によっては、通信速度が大手のキャリアよりも遅くなる場合があります。
(個人的にはあまり体感できませんが、理論的にはそうなります)

イメージとしては、6車線の広い道路があったとして、大手通信キャリアは6車線どこでも走れるけど、格安SIMはそのうち2車線しか走れないので、ユーザーが多いと渋滞しやすい、と言う感じです。



スポンサーリンク

スポンサーリンク


ページのトップへ戻る