【SIMフリー比較】AQUOS sense3 & Xperia Aceと注目のSIMフリースマホ

格安スマホ・SIMフリー

2019年冬モデルは、AndroidのSIMフリーも盛り上がりを見せています。なかでもミドルレンジのおサイフケータイ対応スマホとして注目高いAQUOS sense3(アクオスセンス3)とXperia Ace(エクスペリアエース)を今回は比較してみましょう。

AQUOS sense 3、Xperia Ace比較表

まずはひと目で分かるように、2機種のスペックを横並びで比較表にしてみましょう。

比較項目 AQUOS sense 3 Xperia Ace
発売年月 2019年11月 2019年6月
CPU Qualcomm Snapdragon 630 mobile platform
2.2GHz+1.8GHz オクタコア
Qualcomm Snapdragon 630 mobile platform
2.2GHz+1.8GHz オクタコア
OS Android 9 Android 9
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB
外部メモリ microSDXC:最大512GB microSDXC:最大512GB
SIMカードサイズ nanoSIM nanoSIM
ディスプレイ IGZOディスプレイ TFT
ディスプレイサイズ 約5.5インチ 約5.0インチ
メインカメラ画素数 標準カメラ:約1,200万画素
広角カメラ:約1,200万画素
約1,200万画素
メインカメラF値 標準カメラ:2.0
広角カメラ:2.2
1.8
サブ(内面)カメラ画素数 800万画素 800万画素
サブ(内面)カメラF値 2.2 2.4
おサイフケータイ 対応 対応
防水 IPX5/IPX8 IPX5/IPX8
防塵 IP6X IP6X
指紋認証 対応 対応
顔認証 対応
フルセグ
ワンセグ
バッテリー容量 4,000mAh 2,700mAh
本体サイズ 約147×約70×約8.9mm 約140×約67×約9.3mm
本体質量 約167g 約154g
端子 USB Type−C USB Type−C
ワイヤレス充電

カメラ・バッテリー性能はAQUOS sense3!コンパクトさを求めるならXperia Aceか

2019年冬モデルとして発売されるAQUOS sense 3に対して、Xperia Aceはドコモから既に夏モデルとして発売されています。
CPU、RAM、ROM(保存容量)は同格の2機種ですが、差がつくのはカメラ性能とバッテリー容量です。AQUOS sense 3はメインのアウトカメラがデュアルカメラになっていて、Xperia Aceを一歩リードしている印象です。また、大きな差がついたのは、バッテリー容量です。1週間利用を想定して、大容量の4,000mAhのバッテリーを搭載したAQUOS sense 3。対して、Xperia Aceは2,700mAh。電池持ちも重要視されつつある最近のスマホ事情を考えると、AQUOS sense 3に魅力を感じずにはいられません。

一方で、大画面化が進んでる中、よりコンパクトなスマホを求める声も高まってきています。本体の縦横サイズがAQUOS sense 3よりも短いXperia Aceは、そんなニーズをもった人には魅力的なサイズ感といえます。

どちらも、おサイフケータイを搭載したミドルスペックモデルかつ、ブランド力をシリーズですので、使い方にあわせて自身にぴったりのスマホを選んでみてはいかがでしょうか。

取り扱いMVNOと販売価格まとめ

最後に、AQUOS sense 3とXperia Aceを取り扱っているMVNOはどこなのか。MVNOや事業者の格安SIMとのセット販売状況をまとめてみます。

MVNO、格安SIM事業者 AQUOS sense 3 Xperia Ace
OCNモバイルONE 一括:14,800円 一括:29,800円
IIJmio 一括:29,800円
24回分割:1,250円/月
一括:49,800円
24回分割:2,080円/月
楽天モバイル 一括:49,819円
分割:24回払い可
mineo 一括:36,000円
24回分割:1,500円/月
一括:44,800円
24回分割:1,870円/月
nuroモバイル 一括:49,800円
分割:24回払い可
イオンモバイル 一括:34,800円
24回分割:1,450円/月
NifMo 一括:35,000円
24回分割:1,455円/月
LINEモバイル 一括:35,800円
24回分割:1,590円/月
UQmobile 一括:23,760円
24回分割:990円
36回分割:660円
PAGE TOP